夏ボーナス 大幅下落予想の原因!賞与平均35万に↓貰えない業種は?

 

2020年の夏ボーナスの大幅下落予想が産経新聞で報道されました。

大幅下落の原因は新型ウイルス緊急事態宣言が影響しているようです。

夏の賞与はいくらになるのか?

平均352,000円で前年比6~8%減になってしまうのか読み解いていきましょう。

スポンサーリンク

夏ボーナス 大幅下落予想

夏ボーナスの大幅下落予想について下記のように報道されました。

緊急事態宣言で営業自粛を迫られた企業の業績が悪化するとみられる中、夏のボーナス(賞与)の大幅な落ち込みが予想されている。リーマン・ショック以来の下落幅が見込まれ、家計にも試練の夏となる。

自粛経済で需要が蒸発した飲食や宿泊、レジャー関連など、非製造業を中心に打撃が広がっている。4月から大企業などに同一労働同一賃金が義務付けられ、パートなどに賞与が支給される押し上げ要因もあるが、コロナ禍の圧倒的な下押し圧力にはかなわない。

引用元:産経新聞|2020年4月19日


スポンサーリンク



夏ボーナス 大幅下落の原因

やはり新型ウイルスがボーナスにも影響してきそうです。

また緊急事態宣言がいつまで継続するかによっても変わってくると思われます。

いずれにせよ0に近くなってくる企業が多いのかもしれません。

消費税増税や米中貿易摩擦の打撃が蓄積していたところに、新型ウイルスの感染拡大が重なり、経営体力が弱い中小零細企業の中には、支給そのものを見送る動きも出そうだ。

 「特に影響を受けるのは中小の非製造業だ。資金繰りに詰まり倒産しそうなのにボーナスは支払えない」

スポンサーリンク



夏ボーナス 大幅下落でいくらになる?

前年比6~8%減でボーナス平均は35万円くらいといわれています。

ただこれは全業種の平均なので新型ウイルスで影響を受けた飲食関係や旅行業界などは無しというところが多いのでしょう。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの小林真一郎主席研究員はこう指摘する。1人当たりのボーナス支給額(従業員5人以上の事業所)は前年比7・6%減の約35万2千円と大幅な下落を予想。リーマン後の平成21年夏(9・8%減)以来となる落ち込みだ。

 日本総合研究所も6・4%減と大幅なマイナスを予想。もともと令和元年度下期の業績低迷で今年の春闘はベースアップ(ベア)見送りが相次ぎ、ボーナスの基準となる基本給も伸び悩んだ。景気減速を新型コロナがダメ押ししたとみる。

でも新型ウイルスが終息させすれば凄まじいV字回復はしてくるでしょうから今年は踏ん張り時なのかもしれません。

スポンサーリンク



冬や来年のボーナスも大幅下落予想

今年の夏の賞与は下がるのは分るのですが冬や来年のボーナスも下がると予想されています!

今年の業績で決まるからのようです。

それなら今年の夏のボーナスは昨年度の業績で配分するべきでしょう。

 夏は“不可抗力”としても冬はどうか。第一生命経済研究所は夏が前年比4・0%減と予測した上で、「冬や来年夏はさらに厳しくなる」(新家義貴主席エコノミスト)とみる。悪化が必至の今年度の業績をもとに労使交渉を行うからだ。企業活動縮小で残業代も減るとみられ、家計の所得環境は一層厳しさを増す。

スポンサーリンク



夏ボーナス 大幅下落予想に世間の反応は?

 
夏季ボーナスは出ないだろうと覚悟してます。
経営陣はボーナスは出来高の反映っていうけど、労働者側からしたら賞与は月給に反映されない収入の補填要素です。

カットされるとローンや学費の支払いの計画が大幅に見直しになります(そりゃ、ボーナスでないほど成績悪いことはないと思ってるから)。

 
基本的には夏のボーナスは10〜3月の業績反映のはずで、引き当て金もちゃんと見合いで積んでるはずだが、経営者としては、先行き不透明だと払いたくはなくなるよな。うちも在宅ワーク強化で新年度4月の業績がどうなるのか?想像もしなくない。きっと悲惨だと思う。

 
賞与は必ず払われるものでもないので今年は諦めています。
ただ、一回恐慌みたいに落ち込むと次の年以降業績が上がっても3年ぐらい保留が続くのが怖いです。東日本大震災の時に身をもって痛感しました。
極論、減給や賞与無しでも解雇、倒産はないように願いたいです。

 
公務員や大企業をバッシングするのは
本当にみっともなく、妬みにしか見えない

こういうときに影響が少ないのに
魅力を感じて公務員や、大企業を選んだ人もいるわけだし、それを批判するのはちょっと。
ならば、今から公務員になれば良いと思うのですが。

 
うちも直撃だ。
昇給無しの代わりにボーナスをどんどん上げて
大企業平均を上回る年収増をしてきたが、今年は厳しい。
年末一括払いなので、来期回復が見込めそうなら
ボーナスは出したいが現時点では見通しが立たない。

 
公務員は全額もらうのかとか、言う人がいるともうが、あえて言います。
公務員の給料を減らす必要はありません。
きちんと満額もらって、きちんと生活してください。
大手企業も含め、影響の少ないところ、無いところも同じです。
むしろ業績があるなら給料アップでもして貰ってください。
貰えないところがあるとか、そんなの気にしなくて良いです。
貰える人はきちんと貰って、使いましょう。
変に周りに合わせる必要はありません。

 
ボーナスどころの話では無いほど、中小企業のダメージは計り知れません。
それこそ企業存続の危機に陥る会社は増えるでしょう。

平和平穏な日常の崩壊がすぐそこまで迫っています。

経済活動が滞り大手ゼネコン等の建設業や車等の製造業の活動がストップしつつある現実。
枝葉の零細企業は需要減に耐え切れない可能性が高い。

体力のある会社しか生き残れない時代が来ます。

スポンサーリンク



夏ボーナス 大幅下落予想のおわりに

2020年の夏ボーナスの大幅下落予想の原因は新型ウイルスや緊急事態宣言が影響しているからでした。

よって今年の夏の賞与は前年比で6~8%減の平均352,000円になると見込まれています!

一般社員のボーナスを大幅に減少させるならまずは会社の上層部や幹部のボーナスを0にするべきでしょうね。

関連

スギ薬局 特別賞与のボーナス金額はいくら!?1万円?
スギ薬局が特別賞与をアルバイトやパートも含めた全従業員26、000人に支給しました。 「特別手当」と称するボーナス金額はいくらだったのでしょうか!? サンドラッグやマツモトキヨシ、ウエルシアなどの他のドラッグストア店舗で...
石田純一 沖縄の冷麺の店J-chanの場所や住所判明。
石田純一さんが経営する沖縄県那覇市にある冷麺のお店が報道されました。 お店の名前は「J-chan冷麺」(ジェイちゃんれいめん)で住所や場所がどこなのか判明しました。 またこの冷麺店はいつグランドオープンしたのか?につ...

コメント

  1. 匿名 より:

    へ~
    2920年なんてだいぶ先の話ですね~

  2. 鳥さん より:

    2920年になっているけど、今年の夏のボーナスの事か、900年後の夏のボーナスの事なのか、わからない。

  3. 匿名 より:

    2920年。

  4. 匿名 より:

    誤字報告

    2920年になっています。